インフラエンジニアbacchiのわかったことまとめ

bacchi.me

Windows

Windows Server に Zabbix Agent をインストールする

更新日:

Windows Server に Zabbix Agent をインストールした時のメモ。

1. Zabbix Agent をダウンロードする

下記から、インストールしたいバージョンをダウンロードする。
https://www.zabbix.com/download_agents

今回は、4.0系の最新版をインストールしました。
https://www.zabbix.com/downloads/4.0.17/zabbix_agent-4.0.17-windows-amd64.zip

2. Zabbix Agent のファイルを配置する

Zabbix Agent ファイルの配置するためのフォルダーを作成する。

Program Files の 直下に「zabbix_agents」フォルダーを作成し、
作成したフォルダーの直下に zabbix_agents-4.0.17-win-amd64.zip を展開して、「bin, conf」を配置する。
また、「logs」フォルダーもここに作成する。

3. 実行権限を変更

zabbix_agentsのアプリケーションの実行を管理者権限で行えるように変更する。
下記のファイルに管理者実行権限を付与する。

C:\Program Files\zabbix_agents\bin
 ∟ zabbix_agentd.exe
 ∟ zabbix_get.exe
 ∟ zabbix_sender.exe

右クリック→プロパティ→互換性タブ
「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れ、「適用(A)」

4. zabbix_agentd.confを修正する。

zabbix_agentd.win.conf の ファイル名を zabbix_agentd.conf にリネームする。
次に、zabbix_agentd.conf の中身を修正する。

LogFile=C:\Program Files\zabbix_agents\logs\zabbix_agentd.log
Server=zabbix-server.test.com # Zabbix Server のホスト名か IP アドレスを記載する。
ServerActive=zabbix-server.test.com:10061 # アクティブチェック用の Zabbix Server のホスト名か IP アドレス、ポート番号を記載する。
HostnameItem=system.hostname # ホスト名を取得するために、Zabbixエージェントアイテムを定義するオプションのパラメータ。

5. FirewallのPort解放

受信の規則に10050番ポートを開放する設定を追加する。
または、FW が無効になっていることを確認する。

6. サービス登録

PS でサービス登録用のコマンドを実行する。

PS> cd 'C:\Program Files\zabbix_agents\bin'
PS> .\zabbix_agentd --config 'C:\Program Files\zabbix_agents\conf\zabbix_agentd.conf' --install

7. サービス起動

タスクマネージャからサービスを起動する。

8. Zabbixの設定

Zabbix Server 側で今回 Zabbix Agent をインストールした Windows サーバを登録する。

Sponsor Link

スポンサーリンク

Sponsor Link

スポンサーリンク

-Windows
-

Copyright© bacchi.me , 2020 AllRights Reserved.