インフラエンジニアbacchiのわかったことまとめ

bacchi.me

Linux

CentOS 7におけるgrub設定

更新日:

  • /boot領域がカーネルが溜まってきて、容量が足りなくなってきた
  • 容量溢れてカーネルダウンロードに失敗した

という時に

CentOS 6までは、

/bootの下の要らないカーネル捨てて、
/etc/grub.confを手で修正していらないところを消す

という事をしていたかと思います。

CentOS 7では、いらないカーネルを削除して、
grub2-mkconfig するだけで不要なラベルを消してくれる!

使うカーネルのラベルを間違えて消すといった事故がなくなりそうでいい感じですね。

また、CentOS 6まではgrub設定ファイルをを自分で編集していましたが、
CentOS 7からは自分で編集してはだめなようです。

/etc/grub2.cfgにも勝手に変えちゃだめ!って書かれていました。

  • CentOS 6 の/etc/grub.conf

  • CentOS 7 の/etc/grub2.cfg

Sponsor Link

スポンサーリンク

Sponsor Link

スポンサーリンク

-Linux

Copyright© bacchi.me , 2018 AllRights Reserved.