インフラエンジニアbacchiのわかったことまとめ

bacchi.me

Ansible

CentOSにyumでAnsibleをインストールする

更新日:

git からソース引っ張ってきてインストールすることもできますが、面倒なのでyumで入れちゃいましょう。

ちなみに、2015/3/10 現在、yum で入れると1.8系がインストールされます。

CentOS 6 にAnsibleをインストール

CentOS 6 に、Ansibleをインストールする手順を見て行きましょう!

epelのインストール

今回パッケージ版を yum でインストールしていきます。

epelリポジトリの追加

  • 32bit
# wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
# rpm -Uvh epel-release-6-8.noarch.rpm
  • 64bit
# wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
# rpm -Uvh epel-release-6-8.noarch.rpm

ansibleのインストール

epelのリポジトリを追加したら以下のコマンドを実行します。

# yum -y install --enablerepo=ansible

# ansible --version
ansible 1.8.4     # このようにバージョンが表示されればOK!

CentOS 7 にAnsibleをインストール

epelのインストール

今回パッケージ版を yum でインストールしていきます。

epelリポジトリの追加

CentOS 6の場合と同じように、epelのリポジトリを追加します。

# wget http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/epel/7/x86_64/e/epel-release-7-6.noarch.rpm
# rpm -Uvh epel-release-7-6.noarch.rpm

ansibleのインストール

epelのリポジトリを追加したら以下のコマンドを実行します。

# yum -y install --enablerepo=epel ansible

# ansible --version
ansible 1.8.4     # このようにバージョンが表示されればOK!

Sponsor Link

スポンサーリンク

Sponsor Link

スポンサーリンク

-Ansible

Copyright© bacchi.me , 2020 AllRights Reserved.