インフラエンジニアbacchiのわかったことまとめ

bacchi.me

Perl

MarkdownをHTMLに変換する

更新日:

やりたいこと

Text::Markdown::GitHubAPIを使って、MorkdownをHTMLに変換させたい。

Text::Markdownを使うと```で囲んだ部分に空白行があると、

やらが勝手に挿入されて、コレジャナイHTMLが上がってくるので、
いい感じに変換してくれる Text::Markdown::GitHubAPI を使うのです。

Text::Markdown::GitHubAPIのインストールと使えるようにする準備

前提条件は以下のとおり

  • Linux環境(Debian8)
  • Perlはplenvでインストールしたもの
  • gitでソースを取ってくる

Text::Markdown::GitHubAPIのインストールに必要なCPANを入れる

以下のCPANモジュールが入ってないとインストールできないと怒られまくり。

Text::Markdown::GitHubAPIを使うのに必要なCPANモジュールを入れる

以下のCPANモジュールが入ってないと使えないと怒られまくり。

Text::Markdown::GitHubAPIのインストール

Text::Markdown::GitHubAPIが入ったか確認

perldocコマンド叩いて、下記のようなのが出力されればOK!

スクリプトを用意する

以下のようなスクリプトをお使いの環境に置いてください。

使い方

in.md にMarkdownを書いて、
perl md2html.pl
なかんじで実行するとout.htmlが吐き出される。

Text::Markdownと違って、
```で囲んだ部分に改行が混ざりまくってもきちんと

で囲んでくれてるHTMLを吐いてくれるよ!

もっと使い勝手をよくしたいです。

Sponsor Link

スポンサーリンク

Sponsor Link

スポンサーリンク

-Perl

Copyright© bacchi.me , 2018 AllRights Reserved.