インフラエンジニアbacchiのわかったことまとめ

bacchi.me

Linux Security

Linux向けの高機能アンチウイルスソフト『Sophos Anti-Virus for Linux』の無料版が出たので試した

更新日:

今までLinuxのフリーなアンチウイルスソフトといえばClamAVが定番でした。

2015年5月18日から『Sophos Anti-Virus for Linux』に無償版が提供され、選択肢が広がりました(ただし個人利用に限る)。

\"sophos_logo\"

インストール作業をメモったので晒します。

パッケージのDLとインストール

https://secure2.sophos.com/ja-jp/products/free-tools/sophos-antivirus-for-linux/download.aspx

でライセンスの同意やらを済ませてパッケージをダウンロードする。

Sophosをインストールするマシンと操作端末が異なる場合は、scpなりを使ってパッケージを転送する。

インストール後の確認

起動確認

きちんとプロセスが立ち上がっているか確認します。

動作確認

ダミーのウイルスファイルをダウンロードしてみます。

ソッコー検知しましたね。

次にファイルを開いてみます。

sophosがきちんとブロックしてくれました。

しっかり駆除してくれてるみたいっすね。

自動起動設定

サーバー起動時にSophosのdaemonが自動起動するように設定します。

デフォルトで有効になっているだろうけど、念のため・・

自動スキャンの設定

デフォルトでは、Sophosはスケジュールスキャンを行う設定になっていません。

cronでスキャンを走らせるように設定を追加します。

GUIの設定

残念ながら、9.10からGUIの環境はないそうなので、パス。

マニュアル

下記からSophos公式のマニュアルが見れます。

https://www.sophos.com/ja-jp/medialibrary/PDFs/documentation/savl_9_cgeng.pdf?la=ja-JP

Sponsor Link

スポンサーリンク

Sponsor Link

スポンサーリンク

-Linux, Security

Copyright© bacchi.me , 2018 AllRights Reserved.