インフラエンジニアbacchiのわかったことまとめ

bacchi.me

Linux Mac Vim Windows

:redir を使って、vimの設定確認を楽にする

更新日:

vimの現在の設定を確認するでまとめたvimの現在の設定を確認する方法ですが、いかんせん見にくいです。

そんな時は、:redir を使うと便利です。

:redir はコマンドの実行結果をリダイレクトすることができます。

:redir を使って、

  • 外部ファイルにリダイレクトする
  • レジスタに記憶してペーストする
  • 変数に記憶してペーストする

方法があります。

外部ファイルにリダイレクトする

早速やってみましょう。

これで file に出力されます。>> で追記になります。

カレントディレクトリに file ができているはずなので見てみます。

ばっちりですね。

レジスタに記憶してペーストする

:redir @a でレジスタ @a に結果が格納されます。

レジスタ@aの中身を見るには下記のコマンドを実行します。

レジスタからペーストする時はノーマルモードで下記を実行します。

これでペーストできました!

変数に記憶してペーストする

同様に:redir => a とすると変数 a に結果が出力されます。

とした後に

とする事でコマンドの実行結果がペーストできます。

3つの方法で見やすい形にできたら、あとは絞り込むなり検索するなり自由にどうぞ!

Sponsor Link

スポンサーリンク

Sponsor Link

スポンサーリンク

-Linux, Mac, Vim, Windows

Copyright© bacchi.me , 2018 AllRights Reserved.