インフラエンジニアbacchiのわかったことまとめ

bacchi.me

「 年別アーカイブ:2017年 」 一覧

LPIC 304 を受けてきた

2017/12/16   -Exam
 

業務で Pacemaker を使うようになったので勉強がてら LPIC 304 試験を受けてきました。 合格したので記念にブログ書いときます。 学習期間 1ヶ月ほど勉強していました。 正直もっと少ない ...

LUKSを使ってみる

2017/11/29   -Linux

LUKS(Linux Unified Key Setup)というLinuxの暗号化ファイルシステムを使ってみたときのメモです。 RHEL 6, 7 で動作確認済みです。 パッケージのインストール [c ...

LVMで論理ボリュームの作成する

2017/10/10   -Linux

VMwareを使っていて、新たに追加したディクスにLVMを設定した時のメモです。 RHEL 6, 7 で動作確認済み。 パッケージのインストール [crayon-5d839ae22eb44050796 ...

コマンドラインでRHNとサブスクリプションを登録する

2017/09/29   -Linux

RHNに登録した際のメモ。 RHEL6、7で確認済み。 セットアップしたマシンをRHNに登録する。 subscription-manager registerでマシンをRHNに登録します。 [cray ...

psqlをちょっと便利に使う

2017/08/15   -PostgreSQL

勤め先の上司に、psqlコマンドに + を付けると地味に超便利と教えてもらったので、実際にコマンド打って確認してみた。 ↓にあるように、+ を付けるとテーブルとかののサイズが見れるようになります。 地 ...

仮想マシンかどうかをチェックする

2017/08/10   -Infrastructure, Linux

ansibleで対象のホストが仮想マシンの場合にtaskを実行するってのを実現したくて、shellで仮想マシンかどうかをチェックする方法を調べた。 dmesgを活用する VMWare [crayon- ...

set_factモジュールでpythonのバージョンを指定すると、後続のyumモジュールを使うタスクが失敗する可能性がある

2017/08/07   -Ansible

前の記事で、pyenv で入れた python の pip で pip モジュールを入れる際に set_fact モジュールを使う playbook を紹介しましたが、後続のタスクで yum モジュー ...

ansibleでpyenvをインストールして、任意のバージョンのpythonを入れて、pipモジュールも入れる

2017/08/01   -Ansible

ansibleでpyenvをインストールして、任意のバージョンのpythonを入れて、pipモジュールも入れるplaybookを書いた。 このplaybookのミソは↓のtask [crayon-5d ...

HHKBでWinの言語設定の切り替え

2017/07/31   -Windows

いつもMacでHHKBを使うことが多いので、Win端末で作業する時に「あれ、これどうしてたっけ?」となる事が多いです。 今日Win端末で作業してて、入力言語を切り替えようとして困ったのでメモ。 入力言 ...

Windowsのリモートデスクトップで Ctrl + Alt + Del を送信する

2017/07/31   -Windows

リモートデスクトップ接続でつないでいるWin端末で Alt + Ctrl + Del を叩くと、ローカル側で Alt + Ctrl + Del の処理がされてしまう。 その場合は、 Alt + Ctr ...

Copyright© bacchi.me , 2019 AllRights Reserved.