インフラエンジニアbacchiのわかったことまとめ

bacchi.me

Mac

MacにVagrantをインストール

更新日:

MacにVagrantをインストール

前回WindowsにVagrantをインストールする方法を紹介しましたが、
今回はMacにインストールする方法をご紹介します。

VirtualBoxをインストール

VagrantはVirtualBox上で動きますので、まずはVirtualBoxをインストールします。

以下へアクセスし、
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads

最新の「VirtualBox *** for OS X hosts x86/amd64」
を選択し、ダウンロードしてください。

パッケージをダウンロードし終わったらインストーラをデフォルトで進めていってください。

Vagrantをインストールする

続いて、Vagrantをインストールしていきましょう!
以下へアクセスし現状の最新版を選択し、その後Mac版をダウンロードしましょう。
http://downloads.vagrantup.com/
パッケージをダウンロードし終わったらインストーラをデフォルトで進めていってください。
インストール後、ターミナルを立ち上げ下記のコマンドを叩いて、Vagrantのバージョンが出ればOK

Boxの追加

この例でもCentOS6の64bit版をインストールします。
ターミナルを立ち上げ、下記のコマンドを実行します。

その他のBoxは下記にあるので、そこからダウンロードしてインストールすることもできます。
http://www.vagrantbox.es/

仮想マシンを作る

下記をコマンドを実行して、仮想マシンを作ります。

これで、VirtualBoxVM一覧に CentOS が現れます。

仮想マシンの起動、その他

起動するには、up

状態を見るには、 status

一時停止するには、suspend

仮想マシンへ接続するには、ssh

仮想マシンを削除するには、destroy

非常に簡単な内容ですが、これらを抑えておけばVagrantで遊ぶときに困らないはず。
WinとMacにVagrantを入れてみて思ったのはMacで作業する方が楽だなーと。

ほぼほぼコマンドラインの操作で完結するのが非常に楽!

いちいちSSHクライアンと立ち上げたり、秘密鍵をゴニョゴニョするのが邪魔くさく感じるのです
それがないだけでもとても楽に感じました!

Sponsor Link

スポンサーリンク

Sponsor Link

スポンサーリンク

-Mac

Copyright© bacchi.me , 2018 AllRights Reserved.