インフラエンジニアbacchiのわかったことまとめ

bacchi.me

Linux

systemdでユーザーの環境変数を読み込むようにする

更新日:

systemdでユーザーの環境変数が読み込まれず
うまくサービスが立ち上がらないという問題がありました。

調べてみると、systemdは.barshrcや.bash_profileに
定義した環境変数を読んでくれないということがわかりました。

環境変数を読み込ませたい場合は一手間かけてあげれば大丈夫なので、その方法をまとめてみました。

/etc/sysconfig/USER_NAME に読み込ませたい環境変数を書く

以下の要領でserviceを動かすユーザーが読み込む環境変数を定義するファイルを設定します。

# cat <_EOF_ > /etc/sysconfig/test
LANG=ja_JP.UTF-8
PATH=/home/test/.plenv/shims:/home/test/.plenv/bin:/home/test/.rvm/gems/ruby-1.8.7-p374/bin:/home/test/.rvm/gems/ruby-1.8.7-p374@global/bin:/home/test/.rvm/rubies/ruby-1.8.7-p374/bin:/usr/local/bin:/bin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/home/test/.rvm/bin:/home/test/.local/bin:/home/test/bin:/usr/local/bin
HOGE=HOGE
PIYO=PIYO
_EOF_

systemd設定ファイルの[service]ディレクティブにEnvironmentFileを定義する

上記で作成した環境変数を定義したファイルを読み込ませるために、
systemd設定ファイルの[service]ディレクティブにEnvironmentFileの行を追加してやります。

  • 変更前
# cat /etc/systemd/system/plapp.service
[Unit]
Description=plapp Start-Stop Switch
# unit is started after the listed unit finished starting up
After=syslog.target network.target

[Service]
Type=forking
User=test
Group=test
ExecStart=/usr/local/bin/plapp start
ExecStop=/usr/local/bin/plapp stop

[Install]
# run level3
WantedBy=multi-user.target
  • 変更後
# cat /etc/systemd/system/plapp.service
[Unit]
Description=plapp Start-Stop Switch
# unit is started after the listed unit finished starting up
After=syslog.target network.target

[Service]
Type=forking
User=test
Group=test
EnvironmentFile=/etc/sysconfig/test
ExecStart=/usr/local/bin/plapp start
ExecStop=/usr/local/bin/plapp stop

[Install]
# run level3
WantedBy=multi-user.target

サービスの再起動

ここまでの設定が終わればサービスの再起動を行います。

場合によっては設定ファイルのリロードを求められる場合があるのでケースバイケースで。

Sponsor Link

スポンサーリンク

Sponsor Link

スポンサーリンク

-Linux

Copyright© bacchi.me , 2020 AllRights Reserved.