インフラエンジニアbacchiのわかったことまとめ

bacchi.me

Infrastructure Linux

DELL OSMAをコマンドラインでインストール

更新日:

RHEL7 のサーバーにDELLのOSMAをインストールしたので、そのメモ。

RHEL6でも同じ手順でOKです。

DELLのOSMAリポジトリを参照するようにする

以下のコマンドを実行し、DELLのOSMAリポジトリを登録します。

wget -q -O - http://linux.dell.com/repo/hardware/latest/bootstrap.cgi | sudo bash

パッケージをインストールする

必要となるパッケージは以下の3つです。

  • srvadmin-all
  • srvadmin-webserver
  • srvadmin-idrac

yumでさっとインストールしましょう。

yum install -y srvadmin-all srvadmin-webserver srvadmin-idrac

OSMAの起動

OSMAは /opt/dell/srvadmin 以下にインストールされるので、起動スクリプトを実行します。

/opt/dell/srvadmin/sbin/srvadmin-services.sh start

以下のように全てのサービスが起動してくれればOK!

# /opt/dell/srvadmin/sbin/srvadmin-services.sh start
Starting instsvcdrv (via systemctl):                       [  OK  ]
Starting dataeng (via systemctl):
                                                           [  OK  ]
Starting DSM SA Shared Services:                           [  OK  ]

Starting DSM SA Connection Service:                        [  OK  ]

自動起動設定の確認

chkocnfigで自動起動が有効になっているか確認します。

下記のようになっていればOK

# chkconfig --list
---
dataeng         0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
dsm_om_connsvc  0:off   1:off   2:off   3:on    4:off   5:on    6:off
dsm_om_shrsvc   0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off
dsm_sa_ipmi     0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
---

Sponsor Link

スポンサーリンク

Sponsor Link

スポンサーリンク

-Infrastructure, Linux

Copyright© bacchi.me , 2020 AllRights Reserved.