インフラエンジニアbacchiのわかったことまとめ

bacchi.me

Ansible

OSごとにパッケージマネージャを変える

投稿日:

複数のOSが混在している環境で Ansible を使う際、apt モジュールや yum モジュールを使い分けるのに when を使っていました。
- name: install unbound
  yum: name=unbound stat=present
  when: ansible_os_family == "RedHat"

- name: install unbound
  apt: name=unbound stat=present
  when: ansible_os_family == "Debian"
action を使うと、モジュール名に変数を使うことができることがわかりました。 ansible_pkg_mgr変数を使うことで OS ごとにパッケージマネージャを変えてパッケージのインストールを行うことができます。 下記のようにしてやればOK。
- name: install unbound
  action: >
    {{ ansible_pkg_mgr }} name=unbound stat=present
すごくすっきり!

Sponsor Link

スポンサーリンク

Sponsor Link

スポンサーリンク

-Ansible

Copyright© bacchi.me , 2020 AllRights Reserved.