インフラエンジニアbacchiのわかったことまとめ

bacchi.me

Mac Ruby

MacOSX Yosemite にrvmでRuby-1.8.7をインストールする

更新日:

Yosemiteにインストールしているrvm で Ruby-1.8.7 を
インストールしようとしたところ下記のエラーが発生して、インストール失敗しました。

$ rvm install ruby-1.8.7

Warning! Requested ruby installation which requires another ruby available - installing ruby-1.8.7-p374 first.

Checking requirements for osx.
Installing requirements for osx.
Updating system.......
Error running \'requirements_osx_brew_update_system ruby-1.8.7-p374\',
showing last 15 lines of /Users/bacchi/.rvm/log/1422064404_ruby-1.8.7-p374/update_system.log
    https://github.com/Homebrew/homebrew/wiki/Common-Issues
and make sure `brew update` works before continuing.\'
+++ rvm_pretty_print stderr
+++ case "${rvm_pretty_print_flag:=auto}" in
+++ case "${TERM:-dumb}" in
+++ case "$1" in
+++ [[ -t 2 ]]
+++ return 1
+++ printf %b \'Failed to update Homebrew, follow instructions here:
    https://github.com/Homebrew/homebrew/wiki/Common-Issues
and make sure `brew update` works before continuing.n\'
Failed to update Homebrew, follow instructions here:
    https://github.com/Homebrew/homebrew/wiki/Common-Issues
and make sure `brew update` works before continuing.
+++ return 1
Requirements installation failed with status: 1.

To proceed rvm requires a ruby-1.8.7-p374 compatible ruby is installed.
We attempted to install it automatically but it failed with status 1.
Please install it manually (or a compatible alternative) to proceed.

結論から言うと apple-gcc42 をインストールした後、
rvm install を行うと無事インストール出来ました。

せっかくなので、rvmのインストール手順も乗っけておきますね。

Xcodeのインストール

AppStore から Xcode のインストールを行いましょう。

インストールが終わったら、一旦 Xcode を立ち上げて、利用規約の同意とかを済ませます。

Xcode Command Line Tool のインストール

ターミナルから Xcode Command Line Tool をインストールします。

$ xcode-select --install

homebrew のインストール

いろんなパッケージを入れていくのに便利な homebrew をインストールします。

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

readline のインストール

readline をインストールします。

$ brew install readline         

X11(XQuartz) のインストール

X11 のインストールを行います。

コマンドラインでインストール出来ないので、
XQuartz の公式からXQuartzのパッケージをダウンロードしてインストールします。

ここまできたら、一旦ターミナルを再起動します。

apple-gcc42 のインストール

現在サポートされていないgcc をインストールせねばなりません。

brew tap homebrew/dupes
brew install apple-gcc42

入れっぱだとあまりよろしくないので、Ruby-1.8.7を入れたらアンインストールするのが吉。

rvm のインストール

rvm(Ruby Version Manager)をインストールします。

$ curl -L get.rvm.io | bash -s stable

## .rvm を読み込む設定を行う
$ vim ~/.bashrc
---
# RVM
[ -s ${HOME}/.rvm/scripts/rvm ] &&&& source ${HOME}/.rvm/scripts/rvm

## .bashrc の再読み込みを行う
$ source ~/.bashrc

## rvm を最新版に更新する
$ rvm get head
$ rvm get latest

Ruby-1.8.7 のインストール

rvm を使って、Ruby-1.8.7をインストールしましょう。

$ rvm install ruby-1.8.7

## インストールできたか確認
## ruby-1.8.7 があればOK
$ rvm list

rvm rubies

   ruby-1.8.7-head [ i686 ]
=* ruby-2.2.0 [ x86_64 ]

# => - current
# =* - current &&&& default
#  * - default

## Ruby-1.8.7 を使用する
$ rvm use ruby-1.8.7
Using /Users/bacchi/.rvm/gems/ruby-1.8.7-head
$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2014-01-28 patchlevel 376) [i686-darwin14.0.0]

インストールが出来ました。

忘れずに、apple-gcc42のアンインストールをやっておきましょう。

brew uninstall apple-gcc42

以上でYosemiteへのRuby-1.8.7インストール作業は完了です。

Sponsor Link

スポンサーリンク

Sponsor Link

スポンサーリンク

-Mac, Ruby

Copyright© bacchi.me , 2020 AllRights Reserved.