インフラエンジニアbacchiのわかったことまとめ

bacchi.me

Git

Git初心者がとりあえず知っておくと幸せになるコマンド集

更新日:

Gitを使っていく上で知っておくとスムーズに話を進めることができるよ!というコマンドを集めました。

使わないことには覚えようがないのでバシバシ使っていきましょう!

[2015/01/14 追記]
git pull などを追記

リポジトリを複製する

基本形はこれ

ブランチ BRANCH を持つリポジトリを複製するには

現在の状態表示

何をすればよいか、元に戻せるかわけがわからなくなったらこのコマンド叩いて
表示される内容をよく読めばだいたいは解決できるはず。

がんばって英語読みましょう。

pullする

fetch した後に自動的に merge する

特定のブランチを pull するには

pull は fetch と同時に merge が実行されるので、なるべく使わないようにしています。

fetchする

リモートの履歴情報を受信する

特定のブランチを fetch するには

リモートリポジトリの最新の更新情報を取得します。

作業ディレクトリには影響ありません。

index にファイルを追加する

変更点を commit する

git commit を「-a」オプションを付けて実行すると
変更が加えられたファイルを自動検出して commit できます。

ただし、この場合新規に作成されたファイルは commit 対象にはなりません

ファイルの差分を見る

index と working tree の差分を表示します。

新規に作成されたファイルは Git に track されていないので、
新規に作成したファイルはこのコマンドでは表示されません。

次の commit で反映される変更を表示させるには下記のコマンドを実行します。

index と HEAD の差分を表示するコマンドです。
commit 直前によく実行しますね。

ローカルブランチを新規作成する

現在の位置に新規ローカルブランチを作成します。

ブランチの切替は行われません。

ブランチを切り替える

作業ディレクトリが最後のコミットから更新されていると失敗します。

commit かstash をしてください。

ブランチ一覧と現在のブランチを確認する

リモートリポジトリに送信する

merge する

別の更新作業と合わせる

よほど大がかりな更新作業でなければ、ログがわかりにくくなるので rebase をしましょう。

相手のブランチの更新を自分のブランチに適用するのであって、
今いるブランチの更新を相手のブランチに適用するのではありません。

rebase する

自分の更新作業を別のブランチのHEADから始めたことにする

マージと同じく2つのブランチの更新内容を併せるので、
マージのように競合が発生する可能性があります。

一度 push したブランチは rebase して push すると
履歴が二重に接ぎ木されるので rebase してはいけません。

stash する

作業ディレクトリの変更内容を一時的に隠す

新規作成し、git addでgit管理にしていないファイルはスタッシュに含まれません。

stash した変更内容を再度適用する

競合が発生することがあります。
その場合は merge などと違い、git addで競合を解決済みにするだけで大丈夫です。

ローカルリポジトリのブランチを削除する

リモートリポジトリのブランチを削除する

Sponsor Link

スポンサーリンク

Sponsor Link

スポンサーリンク

-Git

Copyright© bacchi.me , 2018 AllRights Reserved.