インフラエンジニアbacchiのわかったことまとめ

bacchi.me

Apache

Webサーバー障害発生時の対処例

更新日:

Webページに接続ができないと問い合わせがあったり、
監視サーバからアラートメールが飛んできた場合の対応法の一例を紹介します。

zutsubou

単純にhttpdが落ちてしまった場合

下記のコマンドを実行し、Apache(Webサーバ)が正常に動作しているか確認します。

 [root@hoge ~]# ps ax | grep http
  28878 ?        Ss     0:02 /usr/local/apache2/bin/httpd -k start
  29180 ?        S      0:02 /usr/local/apache2/bin/httpd -k start
  29183 ?        S      0:02 /usr/local/apache2/bin/httpd -k start
  29357 ?        S      0:05 /usr/local/apache2/bin/httpd -k start
  32430 pts/2    S+     0:00 grep http

上記のようにhttpdのプロセスが表示されない場合はApacheが停止しています。

下記のコマンドを実行し、Apacheを起動させてください。

 [root@hoge ~]# apachectl start

apachectlを実行した際、下記のようなエラーが出た場合

 [root@hoge ~]# apachectl
  -bash: apachectl: command not found

以下のコマンドを実行し

 [root@hoge ~]# locate apachectl
/usr/local/apache2/bin/apachectl

フルパスでコマンドを実行してください。

 [root@hoge ~]# /usr/local/apache2/bin/apachectl start

TIME_WAIT対策

httpdのプロセスが生きているのに
http接続が接続できない時、TIME_WAITが発生している可能性があります。

/etc/sysctl.confの設定を変更し、経過を観察します。

 [root@hoge ~]# cp /etc/sysctl.conf /etce.sysctl.conf.YYYYMMDDbak
 [root@hoge ~]# vi /etc/sysctl.conf
#下記を追記
 net.ipv4.tcp_fin_timeout = 2
 net.ipv4.tcp_tw_recycle = 1
 net.ipv4.tcp_keepalive_time = 20
 net.ipv4.tcp_keepalive_probes = 4
 net.ipv4.tcp_keepalive_intvl = 5

変更を反映させます。

 [root@hoge ~]# sysctl -p

Sponsor Link

スポンサーリンク

Sponsor Link

スポンサーリンク

-Apache
-

Copyright© bacchi.me , 2020 AllRights Reserved.